鴻臚館

カレンダー

2015-06-27 (土)
イベント
三味線尽くし 和の宴
◇ 内容:様々なジャンルの三味線音楽の演奏と解説

 

     (2部構成で、休憩を含め1時間30分~40分程度)

 

 

 

  *プログラム

 

    端唄(さのさ,他)、長唄(娘道成寺、他)、寄席囃子(石段、野崎、他)、

 

    民謡二重奏(武田節、他)、昭和歌謡イントロメドレー(お富さん、青春時代、他)、

 

    津軽三味線二重奏(津軽じょんがら六段、レノベーション、他)

 

 

◇ プロフィール

 

 

  三味線ガールズ

 


松永恵莉加、帰山かおるによる三味線ユニット。

 

2014年、春に結成後、奈良県を中心にライブハウスや、福祉施設などで演奏活動を行っている。

 

日本の楽器である三味線の魅力を広く伝えたいという思いで、伝統的な三味線をはじめ、型にとら

 

われない津軽三味線の二重奏や、他の楽器とのコラボレーションにも挑戦している。

 

 

 

  松永恵莉加

 


大阪府出身、奈良県在住。14歳の時に三味線、民謡を習い始める。

 

その後、大学進学を機にやめることとなったが、三味線は独学で続ける。学生時代に所属していたバンドでは、

 

三味線をはじめ、ギター、ボーカルパートなども務めた。演奏だけでなく、作曲、編曲も手がける。

 

昨年春に就職。その頃、相方である帰山かおると出会い、意気投合して三味線ユニット「三味線ガールズ」を結成。

 

現在、和の旋律を取り入れた曲やボーカルを加えた曲の制作、アレンジにも意欲的に取り組んでいる。

 

また、他に洋楽バンドや和太鼓チームにも所属し、ライブハウスでの演奏や、イベントなど、多方面で活動している。

 

 


  帰山かおる

 


大阪府出身、奈良県在住。12歳の時に長唄三味線を始める。

 

中学時代に、初代梅若梅朝氏(民謡三味線)、長谷川一義氏(津軽三味線)に師事。

 

その後、様々なジャンルの三味線音楽に魅せられ、教職のかたわら、林家染丸氏(寄席の三味線、端唄・俗曲)、杵屋勝七郎氏(長唄)、松本梅頌氏(秋田三味線、津軽三味線)、北西光城氏(隠岐三味線)、金城盛長氏(沖縄三線)の各氏に師事。

 

2014年春に勤めていた中学校を早期退職し、本格的に三味線演奏活動を開始する。退職後、松永恵莉加と三味線ユニット「三味線ガールズ」を結成。現在、長唄三味線名取「杵屋勝七蓮」、奈良町芸妓「大野よし乃」としても活動している。